月経痛(生理痛)治療について

多くの女性が抱えている月経痛(生理痛)。頭痛やめまい、吐き気、便秘や下痢、イライラするなど、日常生活が困難になる人も。痛みの強さ、症状などは、人それぞれです。では、なぜ月経痛(生理痛)が起きる人と起きない人がいるのでしょうか?

月経の時、子宮の中には「子宮内膜」作られ妊娠しなかった場合は、子宮が収縮し、血液とともに「経血」として子宮内膜を体の外に押し出されます。

このときに、お腹や腰にくる痛みが「生理痛」です。

もともと子宮口の出口が狭くて、いたみが出るという人もいますが、痛みの原因とされているのは「プロスタグランジンの過剰分泌」です。

冷えやストレスなど何らかの原因で血行が悪くなると、子宮の収縮が弱くなり経血を押し出せなくなってしまいます。それを補うために、血管を広げて、血液の流れを良くする働きをもつプロスタグランジンを分泌します。

これが適量であれば問題ありませんが、分泌が多いと、子宮の収縮が強くなり、陣痛のような痛みがお腹や腰にでてきます。また、このプロスタグランジンの一種には痛みを強くする作用があり、頭痛やイライラの原因にもなります。

 

また、血行を悪くしているものとして以下のような原因があります。

 

冷え:血液循環が悪くなることで、プロスタグランジンが骨盤内にたまり、痛みが強くなる。

ストレス:ホルモンや自律神経のバランスが乱れ、血行を悪くさせます。

 

鍼灸サロンリッカの治療方針

生理痛の治療には、プロスタグランジンがバランスよく分泌されている体の環境を作ること。血行が悪いこと補うために、プロスタグランジンをたくさん出さないといけないという体の状態を改善させることが大切です。

 

お灸で、熱を与えることで、血行を改善させる。鍼でホルモンや自律神経を整え、プロスタグランジンの分泌を適量にするように、カラダを調整していきます。

まずはお気軽に問い合わせください

まず、今すぐ下に表示されている番号へ、お電話ください。
そうするとRiccaのスタッフが電話にでますので
『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。

簡単で構いませんので希望の施術日やお店からのご質問にご回答ください。
これでご予約は終了です、電話を受話器に置き電話をお切りください。
皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

LINEからもご予約が可能です